読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こむつまの日記

東京から熊本に移住したごく普通の専業主婦が思い出を消費するブログです。

粘膜下口蓋裂の手術のこと

粘膜下口蓋裂と診断された5歳になる息子。

 

先日、今後の治療方針について、形成外科の先生、言語聴覚士の先生とお話をしてきました。

 

結論から言いますと、これから毎週1回通院し、言語のトレーニングを受けながら、手術の時期を決めていくということになりました。

 

それぞれの先生の所見は以下のようなものでした。

 

(形成外科)

  • 粘膜下口蓋裂は4歳前後になってから見つかることが多いため、今回のケースも珍しいものではない
  • 口蓋裂の程度(のどちんこの割れ具合・短さ)としては比較的軽いほうなので、言語のトレーニングのみで解決するかもしれない
  • 手術するとなると、10日前後の入院が必要になる
  • 手術自体は2時間程度だが、術後は食事制限→流動食となるため、普通食・退院まではどうしても時間が必要になる

 

言語聴覚士

  • 粘膜下口蓋裂によってことばに問題があるというよりは、そもそもの発声の仕方、発音の仕方に問題があるように見受けられる
  • とにかく舌の使い方が下手なので、正しい舌の使い方を習得させる方が先決である
  • 発声・発音のトレーニングを継続し、それでもことばに問題があるようであれば、手術をしましょう
  • トレーニングは毎週1回40分程度
  • 当面は、発声の強化として、笛やストローを使った鼻から息を漏らさずに口から息を出す練習を行う
  • 同じく発音の強化として、鏡を使った舌の使い方の練習を行う

 

 

というわけで、これから毎週、息子と一緒に言語トレーニングに通うことになりました。

f:id:komutsuma:20160106055201j:plain

f:id:komutsuma:20160106055208j:plain

 

「あ」発声時はきちんと動いている口蓋が、「う」発声時には全く動いていないため、まずはそこを矯正していくことになるようです。

 

頑張って息子を支えます。

 

ではでは、See you later, alligator.

広告を非表示にする