読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こむつまの日記

東京から熊本に移住したごく普通の専業主婦が思い出を消費するブログです。

5月までは東京に住民税を納めていました

先日、今年の住民税額決定通知が来ました。

 

熊本に移住して1年強。

いよいよ6月から熊本に住民税を納めることになります。

 

ご承知の通り、住民税は、「前年の収入に応じて金額が決定される」仕組みとなっています。

しかも、「その年の1月1日時点」で居住していた市区町村に支払わないといけないため、平成27年3月に東京都江東区から熊本へ移住したこむつま家は、平成27年の住民税(平成27年6月~平成28年5月)を、江東区に納めていたわけです。


しかもその額毎月約3.6万円でした。

 

東京で働いていた頃、旦那はとても高収入だったのです。

 

今、手元に平成26年の源泉徴収票がありますが、それを見ると、平成26年1月から12月までに、当時東京で勤めていた会社が旦那に支払った毎月の給与とボーナスの合計は、給与所得控除後の金額でいうと、

 

5,474,460円

 

です。

 

「手取り年収」がこの金額ですから、一般に「年収は?」と聞かれたときに答える、所得控除前(税込み)の金額で言うと、旦那の東京時代の年収は700万円だったのです。

 

今じゃ、毎月の手取りが20万円程ですからねえ。

 

地方への移住&転職の現実でしょうか。

 

ちなみに、昨年の収入をベースに計算された、6月から熊本に納めることになる今年の住民税額は、月2万円でした。

 

約7000世帯の家計診断でわかった!  ずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」

約7000世帯の家計診断でわかった! ずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」

 

 

 

ではでは、See you later, alligator.

広告を非表示にする