読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こむつまの日記

東京から熊本に移住したごく普通の専業主婦が思い出を消費するブログです。

娘の食物アレルギー負荷試験(日帰り入院コース)

子供

今日は娘の食物アレルギー負荷試験の日です。

日帰り入院してきます。


そもそもの発端は、彼女が初めて卵を食べたときに(当時1歳2か月)、口の周りに発疹が出たことでした。

 

アトピー持ちということもあり、「食物アレルギー」の可能性も否定できなかったので、とりあえず、かかりつけの小児科へ連れて行き、血液検査をしたところ、卵と牛乳の数値が高い(陽性)という結果が。

 

小児科の先生からは、「当面は、卵と牛乳を与えないでおきましょう」という指示があったので、それ以降、娘には卵と牛乳は食べさせてこなかったのです。

 

娘は今年4歳になりますが、つい先日、こむつまが目を離した隙に、兄(6歳)が飲んでいたカルピスを娘が飲んでしまいました。

 

兄が飲んでいたのが余程美味しそうに見えたのでしょう。

 

結果は、全身に発疹が浮きあがり、そして呼吸困難。

救急車で国立病院に運び込まれました。

 

小児アレルギーの先生からはこっぴどく叱られました。

娘さん、死ぬところでしたよ。反省してくださいと。

 

で、その後何回か通院し、本日負荷試験をやろうという運びになったのでした。

 

具体的には、「どれだけ」の量を食べると、致命的な反応を示すのかを検証するわけです。

 

今日は、第一弾として、「牛乳」に挑戦してきます。

そして、牛乳の試験が無事に終わったら、また別の日に、卵の「白身」や「黄身」をやりましょうという設定になっています。

 

それでは行ってまいります。

f:id:komutsuma:20160602060322j:plain

 

ではでは、See you later, alligator.

広告を非表示にする