読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こむつまの日記

東京から熊本に移住したごく普通の専業主婦が思い出を消費するブログです。

旦那に身に付けさせたい「7つの習慣」

読書

スティーブン・R・コヴィー博士の著作「7つの習慣」を読みました。

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 

 

ジャンルとしては、啓蒙書、自己啓発本でしょうか。

 

本書には、人生を幸福に導くための成功哲学、あなたを真の成功と幸福に導くものは優れた人格を持つことであり、自分自身の内面(インサイド)から外(アウト)に働きかけることであるという考え方が記されています。

 

会話術とか仕事術とか、そういう表面的なテクニックの習得に走るのではなく、自分自身が優れた人格者となり、他者に「影響を与える」ことで、人生の扉を開くことができるのだそうな。

待っていたって、誰も扉を外から開けてはくれないのです。

 

では「7つの習慣」の中身を見ていきましょう。

 

以下のような感じで、本書は全体が大きく3つのパートで構成されています。

 

Ⅰ.私的成功
第1の習慣:主体性を発揮する
第2の習慣:目的を持って始める
第3の習慣:重要事項を優先する

Ⅱ.公的成功
第4の習慣:Win-Winを考える
第5の習慣:理解してから理解される
第6の習慣:相乗効果を発揮する

Ⅲ.再新再生
第7の習慣:刃を砥ぐ

 

まず、「Ⅰ.私的成功」です。

第1の習慣~第3の習慣までは、”私的成功”を達成するものとして位置づけられています。
これらは依存から自立への成長を促すものです。


出発点となる第1の習慣は「主体性を発揮する」です。
人は誰でも“自分の反応を自分で選択する能力”を発揮できるのです。

 

嫌々会社に行くのか、それとも喜んで会社に行くのか、この反応ですら自分自身が決めているのです。

 

自らの反応のしかたを主体的にコントロールし、周りの状況に左右されることなく、率先して状況を改善する行動を起こすこと、それがまずもって求められる習慣なわけです。

 


第2の習慣は、「目的を持って始める」です。

本書ではこれを、「人生の最後の姿を思い描きながら、あなたがあなた自身をどう創り上げたいかを決めること」と示しています。

要するに、死の直前、「良い人生だった」と思えるかどうか。

やり残したことがなく、後悔しないように死を迎えられるのか。

 

自分自身がどんな人間でありたいのか。

自分の行動の基礎となる価値観や原則を文章化し、そのミッションステートメントをあらゆるものごとを計る「ものさし」として使うことを習慣づけることが重要です。

 


さて、自分自身がどうありたいかが決まれば、次はそれをどのように実現するかが大切になってきますね。

それが第3の習慣「重要事項を優先する」です。

 

ミッションステートメントに照らし合わせて「重要なこと」を優先する時間管理が求められます。

単なる「緊急なこと」に振り回されることなく、一方で、「重要でないこと」に流されることもなく、「重要なこと」を見極め優先すること、これが重要になってくるわけです。

 


続いて、「Ⅱ.公的成功」です。

第4の習慣~第6の習慣は、”公的成功”を達成するものに位置付けられています。

言い換えますと、信頼を元手に人と協力体制を築き、より大きな成果の達成を目指すことになります。

そして、ここが重要なポイントなのですが、これらは全て私的成功を土台としてのみ、成し得るものとなります。


第4の習慣は、「Win-Winを考える」です。
Win-Winとは「自分も勝ち、相手も勝つ」という考え方です。

 

ですので、当事者全員が望ましい結果を得て、満足できる状態を目指すことになります。

そして万が一、双方のWin-Winを実現できないときには、勇気を持ってNo Deal(取引しないこと)を選択すべきであると、筆者は述べています。

 


第5の習慣は、「理解してから理解される」です。

高度な信頼関係を築き、Win-Winの扉を開くには、お互いを理解しあう必要があります。

 

自分のことを理解してもらう前に、相手のことを理解しようとすること、これが本当の意味で「お互いを理解しあう」ことの前提となります。

 

相手以上に相手の立場をうまく説明する訓練が効果的とのこと。

 


公的成功の最後は、第6の習慣「相乗効果を発揮する」です。

 

本書では、相乗効果を「全体の合計が各部分の和よりも大きくなること」と定義しています。

つまり、1+1を2よりも大きくする創造的な協力体制を目指すべきであると、筆者は説いているのです。

 

そして筆者は、この第6の習慣は、「全ての当事者が“私的成功”を備え、勇敢にも第4・第5の習慣を実践し、不愉快さや不安に打ち勝って相手との相違点を尊ぶことができたとき、初めて発揮できる能力である」とも。説明しています。

 


最後は、「Ⅲ.再新再生」、第7の習慣「刃を砥ぐ」です。

「肉体、精神、知性、社会・情緒」という人生の4つの側面について、バランス良く取り組むことで、自分自身という最も大切な資源を維持することができます。

 

食事と休養と運動に取り組み、主体性を発揮できる高いエネルギーを手に入れ(肉体)、
揺るぎのない穏やかで明朗な心を持ち(精神)、
読書をはじめとした先人たちの知恵や知識や思考法を学び、適切なアウトプットによって知的側面の刃を砥ぎ(知性)、
社会における良好な人間を築くことで、情緒的な安定を得る(社会・情緒)。

 

これが第7の習慣なのです。

 

 

いやー、お気楽専業主婦のこむつまにはどれも難しい習慣です。

まずは旦那に身に付けてもらおうかな。

 

ではでは、See you later, alligator.

 

まんがでわかる 7つの習慣

まんがでわかる 7つの習慣

 

 

広告を非表示にする