こむつまの日記

東京から熊本に移住したごく普通の専業主婦が思い出を消費するブログです。

中山道(中仙道)ハイキングの思い出。妻籠~馬籠

長野県木曽郡南木曽町にある妻籠宿。

そしてその妻籠宿から峠を越えた先、岐阜県中津川市にある馬籠宿。

これらは観光地としても有名な旧中山道の宿場町なのですが、皆さんはご存知でしょうか?


こむつまは数年前長野県に住んでいました。

まだピチピチの二十代でしたね。

今日はその当時、妻籠から馬籠峠を経て馬籠に至る木曽路7kmのルートを歩いたときの思い出をご紹介しましょう。

たしか11月のことでした。

 

 

妻籠宿から馬籠宿を結ぶルートは、江戸時代からの日本的情緒をたっぷり残していて、最近では外国人旅行者にも広く知られているようです。

こむつまが歩いたときにも、外国人バックパッカーがちらほらいました。

その魅力は、単に「旧街道を歩く」というだけでなく、木曽の林の中を歩くことや、ちょうどいい高低差のある「峠越え」のコースだというところにもあります。


妻籠宿

f:id:komutsuma:20151205132445j:plain

 

f:id:komutsuma:20151205132455j:plain

 

f:id:komutsuma:20151205132502j:plain

 

f:id:komutsuma:20151205132510j:plain

 

f:id:komutsuma:20151205132516j:plain

 

f:id:komutsuma:20151205132526j:plain

 

男滝

f:id:komutsuma:20151205132533j:plain

落差は大きくはないですが、流量が多く、美しい滝です。

 

峠をめざして

f:id:komutsuma:20151205133220j:plain

 

f:id:komutsuma:20151205133227j:plain

 

f:id:komutsuma:20151205133235j:plain

 

馬籠峠を越えて

f:id:komutsuma:20151205133245j:plain

馬籠峠には昔風の茶店があります。

そして、峠を越えると岐阜県です。

このあたりは、かつて長野県山口村だったのですが、平成の大合併岐阜県中津川市に、県をまたいだ合併をして話題になった所です。

f:id:komutsuma:20151205133254j:plain

 

馬籠宿

f:id:komutsuma:20151205133305j:plain

馬籠は、島崎藤村の故郷であり、小説「夜明け前」の舞台として有名ですね。

 

ではでは、See you later, alligator.

広告を非表示にする