こむつまの日記

東京から熊本に移住したごく普通の専業主婦が思い出を消費するブログです。

トニー滝谷(Tony Takitani)

村上春樹さんの「トニー滝谷」を読みました。

 

改稿後のロングバージョンです。

 

「ロングバーション」とはいえ、短編ですから、さらっと読めるのですが、読後に漂う寂しさが何とも言えませんね。

レキシントンの幽霊 (文春文庫)

レキシントンの幽霊 (文春文庫)

 

 

ちなみに映画化もされています。

トニー滝谷 プレミアム・エディション [DVD]

トニー滝谷 プレミアム・エディション [DVD]

 

  

こむつまは、英語学習のため、NHKラジオで語学講座を聞いているのですが、愛聴番組の一つに、「英語で読む村上春樹~世界のなかの日本文学~」という番組があります。

 

英語に訳された村上春樹さんの作品が朗読されるとともに、日本語版(原作)と翻訳版の違いや、翻訳者が工夫した点等について解説されるというプログラムになっており、毎週楽しく聞いていおりますが、その中で、昨年放送されていたのが、「トニー滝谷(Tony Takitani)」でした。

 

 

この「トニー滝谷」という短編作品は、「孤独」と「喪失感」がテーマになっています。

 

以下が、あらすじというかネタバレになります。

  

トニー滝谷というのは本名だが、トニーの両親はれっきとした日本人だった。

彼の父・省三郎はジャズトロンボーン奏者としてある程度の成功を収めた人物だった。

 

孤独を抱えて成長したトニー滝谷は、イラストレーターとして才能を発揮し、その道で成功を収める。

やがて、着こなしの美しい娘に恋をし、結婚するが、妻の度を越した衣服に対する執着は彼女を死に追いやってしまう。

 

トニーは亡き妻の大量の衣服を着てくれる女性を雇おうとするが、やがて部屋いっぱいの衣服は妻の存在の影に過ぎないことを感じ、女性に断りの電話を入れて妻の衣服をすべて売り払う。

父の死後、その遺品である膨大なレコード・コレクションを売り払ったとき、彼は自分が本当に独りぼっちになったことを知る。

  

村上春樹さんは、米国の文芸誌「Zoetrope: All-Story」2006年夏号に、「On the Adaptation of Tony Takitani」というエッセイを執筆し、本短編を書くことになったきっかけについて、以下のように書き記しています。

 

「On the Adaptation of Tony Takitani」

 

 In 1984 or 1985, my wife and I were driving around Maui with another couple in a rented car. We noticed a thrift shop in one little town and went in for a peek. There I found a yellow T-shirt—a very ordinary cotton T-shirt—with the name Tony Takitani printed across the chest in black letters. That was all it said. I had no idea who this "Tony Takitani" person might be or what the point of the shirt was; but judging from the name, Tony Takitani was an American of Japanese descent. That was all I could tell. Something inexplicable moved me to buy the shirt. It was as good as new and kind of handsome in its own way. Plus, it was cheap: one dollar.

 

 Back in Tokyo, I would often wear my new T-shirt when I went out; and every time I did so, I would wonder: Who is this Tony Takitani? Where does he live? What kind of work does he do? And why did he bother having this T-shirt made? After four or five years of wondering about such things, I finally decided to try writing a story about Tony Takitani. Of course I knew nothing about the real Tony Takitani, so all I could do was imagine him for myself. Imagining things for myself is my profession, after all.

 

  If this had happened nowadays, I probably could have found all kinds of factual information about Tony Takitani on the Internet; but for better or worse, there was no Internet in the late eighties. I set my imagination to work, and from nothing more than the sound of the name, a story was born. Come to think of it, that dollar T-shirt was an absolute bargain!

 

  A decade later an editor friend looked up Tony Takitani for me on the Internet. That was when I learned Tony Takitani had been a Democratic member of the Hawaii state House of Representatives who ran unsuccessfully for the state Senate in the early eighties. Obviously, the shirt had been made for his campaign. At last it all made sense.

 

 The real Tony Takitani, I understand, is alive and well and practicing law in Maui. I'd like to know what he thinks of the story I wrote from his name.

  

なお、今期の「英語で読む村上春樹」は「眠り」です。

 

引き続き楽しんで聞きたいと思います。

 

ではでは、See you later, alligator.

広告を非表示にする